Mt. Brightonで12歳のスキーヤーが圧雪車に巻き込まれて重傷

アメリカ・ミシガン州の Mt. Brighton で12歳のスキーヤーがバランスをくずして圧雪車のほうへ流され、そのまま巻き込まれてしまうという事故が起きたとのことです。

事故の詳細がよくわかりませんので一般原則を。

国内スキー等安全基準
2-6(4):業務のため通行するパトロール員や雪上車両を優先させ、その進路をあけて停止か徐行をすること。
The Ski Safety Act (Title 33 : Wildlife and Parks and Outdoor Recreation / Article 44 : Ski Safety and Liability)
33-44-109(4) Each skier shall stay clear of snow-grooming equipment, all vehicles, lift towers, signs, and any other equipment on the ski slopes and trails.

アメリカではコロラドでは上記のような規定がありますが、ミシガンでも同様の規則になっていることと思われます。

さらに、『新オーストリアスキー教程』にも「スキー場の雪上車に関する注意」という項目があり「雪上車に優先権がある」と明記しています。(手許にあるのは1996年日本版ですが最新版にも記載はあると思います。未確認)


雪上車の運行にミスがあるのでしたら話は別ですが、やはり、意図的でないにせよ雪上車に自分から近づいてしまっては危険です。

気をつけましょう。


怪我されたお子さんが早く全快することをお祈りします。

関連リンク:Mt. Brighton

0 件のコメント :

コメントを投稿