かぐらスキー場でGS中のスキーヤーがコースアウトし立木に衝突、意識不明の重体

MSN産経:立ち木に衝突、男性重体 スキー大回転でコースアウト
新潟県湯沢町三俣のかぐらスキー場みつまたエリアで9日、アマチュアの大回転競技大会に出場していた栃木県鹿沼市西茂呂のボイラー技士、*さん(33)がコースアウトし、立ち木に衝突した。広瀬さんは病院に運ばれたが、頭を強打しており意識不明の重体。
新潟県警南魚沼署やスキー場によると、*さんは9日午前、「ミズノGSカップ」の44歳以下のクラスに出場。旗門を曲がりきれなかったらしい。競技は中級者向けの緩やかな斜面で行われ、男女計48人が参加していた。当時、天候は快晴だったという。

コース状況、事故がおきた箇所がどのようなものだったかは不明ですが、競技主催者は転倒時の危険を回避するために、ミスしやすい場所、転倒時に障害となりそうなもの(人工工作物に限らず)がある場所などには防護ネットをしっかり貼るなどの対策もしなければならないでしょう。

怪我された方の回復をお祈りします。

関連リンク:かぐらスキー場

0 件のコメント :

コメントを投稿