苗場スキー場でリフト停止

2月29日、3月4日の2回、リフト停止の事故がありました。

苗場でスキーリフト一時停止
29日午前11時すぎ、湯沢町三国の苗場スキー場で、スキー客を乗せていたゴンドラリフトが突然停止し、75台あるゴンドラ(1台定員8人)に乗っていた約140人が最大で約50分間、宙づりになった。
同スキー場は停止から約20分後に予備エンジンを使い、通常は秒速1メートルのところを秒速1メートルで運転。すべてのスキー客を降ろすまで約30分かかった。
同スキー場によると、ゴンドラの運転状況を自動的に運転室へ伝える通信ケーブルが経年劣化し、絶縁不良を起こしたためにリフトの安全装置が働き、停止したとみられる。同スキー場は劣化部分を修復し、1日以降、安全が確認されれば、営業運転を再開する。
同スキー場にはゴンドラリフトが3本あり、停止したリフトは1995年から運転している。同スキー場では「ご迷惑をおかけしたことを深くおわびします。今後とも安全運行に努めていきます」と話している。
新潟日報2008年3月1日
リフト再停止、苗場スキー場
4日午前11時すぎ、湯沢町三国の苗場スキー場で、スキー客を乗せていたゴンドラリフト(8人乗り75台)とリフト(4人乗り63台)の各1本が停電のため突然停止し、約180人が最大で約50分間、宙づりの状態となった。
同スキー場は予備エンジンを使い、リフトは3分後、ゴンドラリフトは16分後に減速運転を開始。すべてのスキー客を降ろすまでに停止から52分かかった。
同スキー場によると、停止した2本のリフトに電力を供給している地中のケーブルが、雪や土砂の崩壊などで切断された可能性が高いとみて調査している。
停止したゴンドラリフトは2月29日にも経年劣化した部品が絶縁不良を起こして緊急停止したため、部品を修復して1日に運転を再開したばかりだった。
同スキー場のゴンドラリフトは3本、リフトは23本。今回停止した2本のリフトは原因が判明するまで営業運転を休止する。同スキー場は「大変ご迷惑をおかけしたことを深くおわびします。再発防止に向け、原因の究明と対策に取り組む」と話している。
新潟日報2008年3月4日
居合わせた皆様は大変お疲れさまでした。

関連リンク:Prince Snow Resort

3 件のコメント :

  1. 2009年2月10日 本日ですが、また苗場とかぐらのゴンドラが停電してますね

    まったく保守の意味がありません

    お金払う意味もないと思いますが。。。

    返信削除
  2. コメントありがとうございます。

    サイトを見たら,告知されてました。

    ===
    本日、送電線事故による停電のため苗場スキー場・かぐらスキー場は全面運休となります。
    リフト券ご購入済のお客さまは、リフト券料金を払い戻しさせていただいております。
    ご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。
    ===

    払戻する、とあるので、対応自体に問題はないと思います。

    しかし、昨年に引き続き「停電」が多いのは気になります。

    返信削除
  3. 追記

    今回の場合はスキー場施設の故障や不手際ではありませんから、仕方ないでしょう。追求するならヘリの会社ですね。

    返信削除