桝水原スキー場が雪崩の恐れのため一時閉鎖

日本海新聞:上部に亀裂 雪崩の危険、桝水高原スキー場一時閉鎖
国立公園・大山の桝水高原スキー場(鳥取県伯耆町)は十日、雪崩の危険があるとして、同日のナイターから営業を中止し、スキー場を一時閉鎖すると発表した。
同スキー場によると、スキー場の二、三百メートル上部の大山四合目付近に、深さ約一メートルの亀裂が、横に約百メートルにわたって伸びているという。亀裂は同日朝職員が発見し、日中の営業は続けたものの、伯耆町と協議してナイタースキーから営業中止を決めた。
同スキー場の積雪は現在約百五十センチ。大山は週末から気温が上昇し、この日も日中は八・六度を記録。前日夜から午前にかけて雨が降っていた。
同スキー場では「安全を考えてナイターを中止した。様子を見て再開したい」と話している。

スキー場サイトより
スキー場一時閉鎖のお知らせ!2008-03-11 09:07
おはようございます。3月11日(火)のスキー場のご案内を致します。皆様にご案内致します。只今、桝水高原スキー場上部大山4合目付近に亀裂があり雪崩の危険性がある為、昨日のナイター営業よりスキー場の営業を一時閉鎖致しております。ご了承下さい。また今シーズンの大山桝水高原スキー場、桝水フィールドステーションの営業を3月16日(日)にて終了させていただきます。ご了承下さい。

スキー場一時閉鎖のお知らせ!!2008-03-10 16:54
皆様にご案内致します。本日、桝水高原上部大山4合目付近に亀裂が見られ雪崩の危険性がある為、弊社の判断により安全の為本日のナイター営業よりスキー場の営業を一時閉鎖致します。危険が解消されるまでは、スキー場は一時閉鎖致します。皆様のご理解をお願い致します。また、お客様に今シーズンの営業終了日のご案内を致します。大山桝水高原スキー場、桝水フィールドステーションは3月16日(日)をもちまして今シーズンの営業を終了させていただきます。
気温が上昇してくれば、雪多い地方では全層雪崩の危険が高まってきます。
とくにバックカントリーへ行かれる方は、十分注意してください。

関連リンク:桝水高原スキー場

大きな地図で見る

1 件のコメント :

  1. 追加情報

    亀裂150メートルに拡大 桝水高原スキー場
    国立公園・大山の桝水高原スキー場(鳥取県伯耆町)上部の大山四合目付近の積雪に亀裂が入り、雪崩の危険があるとして同スキー場が営業を中止した問題で十一日、亀裂が約五十メートル拡大し、約百五十メートルとなっていることが分かった。
    同スキー場によると、亀裂は右斜め下方向に向けて約五十メートル延び、さらに亀裂の下部の一部で表層のずれによって生じたしわが五本ほど確認された。十一日の最高気温は前日より一度高い九度、積雪は約十センチ少ない約百四十センチ。週末から好天が続き気温が上昇した影響で雪崩が起きやすい状態となっている。
    このため同スキー場では引き続き営業を中止。十六日までの営業予定については「亀裂の状況などを見て今後の営業方針を決める」としている。
    亀裂は十日朝、同スキー場の職員が発見。日中の営業は続けたものの、伯耆町と協議し、同日のナイターから営業を中止した。

    返信削除