2018-01-20 オグナほたかスキー場 スノーボーダー重傷事故

概要

2018年1月20日10:50頃、オグナほたかスキー場でスノーボーダー(41歳男性)がキッカーを飛んだ際に着地に失敗し、頭部骨折などの重傷を負った。

データ

  • 日時:2018年1月20日10:50頃
  • 場所:オグナほたかスキー場
  • 天候:晴れ

傷病者

41歳男性:頭部骨折等

ニュース記事

関連リンク

ひとこと

こういう事故が起きると、そんなに飛ぶなんて(水平距離で20メートル:警察発表)、ジャンプ台がでかすぎだ、スキー場の責任じゃないか、とかいう批判が出がちです。

初速が40〜50km/hで、斜度が15度ほどなら、20mの水平距離がでます。

参考:高低差ある放物運動(高度と距離から計算) - 高精度計算サイト

怪我をされた方は上級者のことですから、そのぐらいの速度は十分に出せると思います。

パーク利用の際は自分の技量にあったアイテムを選び、技量にあった飛び方をしましょう。
上級者でも失敗にのリスクをきちんと負うことです。油断は禁物です。

怪我をされた方のお早い回復をお祈りします。

コメント

このブログの人気の投稿

栂池高原スキー場の雪崩死亡事故で引率者に有罪判決

神立高原スキー場でスノーボーダーが雪に埋もれて死亡する事故

札幌国際スキー場で不明の女性、遺体で発見