2018-01-19 赤倉観光リゾートスキー場 GSスキーヤー転倒衝突事故

概要

2018年1月19日11:30頃、赤倉観光リゾートスキー場で、国体スキージャイアントスラローム新潟県予選で、滑走中のスキーヤー(29歳男性)が、コースアウトして、旗門員(48歳男性)に衝突した。旗門員の男性が顔面骨折などの重傷、スキーヤーは肩や首に軽傷を負った。

データ

  • 日時:2018年1月19日11:30頃
  • 場所:赤倉観光リゾートスキー場
  • 天候:晴

傷病者

48代男性:顔面骨折等
29歳男性:軽傷

ニュース記事

関連リンク

ひとこと

詳細がわかりませんが、旗門員の位置はどうだったのでしょうか?

ゲートの設定によっては、選手が転倒した際に安全な位置と、旗門員の仕事がきっちりできる位置は、バランスが難しいとは思います。

参考:THE INTERNATIONAL SKI COMPETITION RULES (ICR) ICR08
668 Location and support of the Gate Judge
668.1 The gate judge must be so placed that he can safely but properly observe the terrain, gates and course sections for which he is responsible, He should be near enough to be able to take prompt action, but distant enough not to hinder the competitor.

コメント

このブログの人気の投稿

八方尾根スキー場でスノーボーダー死亡事故

2017-12-24 佐久スキーガーデンパラダ 男児スキーヤーリフト転落事故

パルコール嬬恋スキー場で従業員がゴンドラから落下し死亡する事故

船形山の不明女性、遺体で発見