パインビークスキー場でスキーヤー同士が衝突、重体・重傷事故

MSN産経:スキー中に衝突、高2重体 *ウェブ魚拓
5日午後1時半ごろ、長野県上田市菅平高原のパインビークスキー場で滑っていた長野県の高校2年の男子生徒(17)と中学2年の男子生徒(14)がぶつかった。
高校2年の生徒はヘリコプターで長野市の病院に搬送されたが、頭などを強く打ち意識不明の重体。中学2年の生徒はほお骨を折る重傷を負った。
上田署によると、2人はスキー大会に出場した後、2つのゲレンデが合流するリフト乗り場近くで衝突した。同署が事故原因などを調べている。
SBC信越放送:スキー場で衝突、高校生が意識不明の重体 *ウェブ魚拓
きょう午後、上田市のスキー場で、スキーをしていた高校生と中学生が衝突し、高校生が意識不明の重体になっています。
今日午後1時半ごろ、上田市菅平高原のパインビークスキー場のリフトの乗り場付近で、上水内郡飯綱町の高校2年の男子生徒17歳と、飯山市の中学2年の男子生徒14歳が衝突しました。
この事故で、男子高校生がドクターヘリで長野市内の病院に運ばれましたが、頭を強く打っていて意識不明の重体です。
また中学生も顔の骨を折る大けがをしました。
二人はこのスキー場で開かれていた「菅平シュナイダー記念スキー大会」の出場選手で、大会後に滑っていて事故にあったものと見られています。
上田警察署では、生徒の回復を待って事情を聞き、事故の詳しい原因を調べることにしています。
大会直後ということで、スピードを出していたのかもしれません。
無事に回復されることをお祈りします。


関連リンク:パインビークスキー場

大きな地図で見る

0 件のコメント :

コメントを投稿