戸隠スキー場でリフト緊急停止、70人が取り残される

信濃毎日新聞戸隠スキー場でリフト停止 約70人が1時間余り宙づり
1日午後2時35分ごろ、長野市戸隠の市営戸隠スキー場第5高速ペアリフトが停止し、約70人が宙づりになった。午後3時53分までに全員がスキー場職員らに救助された。けが人はいなかった。
スキー場などによると、2人乗りリフトに1人で乗っていた若い女性が、終点の手前で飛び降り、その反動で乗っていた搬器(いす)が揺れ、降り場内で搬器の速度を遅くするための別のレールにはまらなかったという



戸隠スキー場の発表(越水第5リフトの停止について)では、女性は飛び降りたのではなく「落下した」とされています。落下した事故であれば、その原因をきちんと把握すべきですので、現場にとどまって欲しかったです。

報道のとおり「飛び降りた」のであれば、当然その後にリフトが停止したのを見ているでしょうから、その場からいなくなったのは「逃げた」とみなしてよいでしょう。

そうであれば、とんでもないことです。
リフト乗降のルールはきちんと守りましょう。

居合わせた皆様、たいへん疲れ様でした。

関連リンク:戸隠スキー場

大きな地図で見る

0 件のコメント :

コメントを投稿