鳥海山で山スキーヤー死亡事故

日刊スポーツ鳥海山で山スキーの男性が転落死
28日午後2時40分ごろ、秋田県由利本荘市の鳥海山矢島口付近のクレバスで男性が死亡しているのを、山小屋の管理人(54)が見つけた。由利本荘署は所持品などから、山スキーに来ていた山形県天童市、会社員*さん(61)とみて身元の確認を急いでいる。
調べでは、クレバスは深さ約3~4メートルで山小屋から約300メートルの地点にある。*さんは昨夜、管理人に山小屋近くの駐車場に止めた車で寝ると話していたが、車内に見当たらなかったため管理人が捜していた。目立った外傷はなく、同署は誤って転落した可能性があるとみて調べている。
[2008年4月29日0時2分]



ご冥福をお祈りします。



大きな地図で見る

0 件のコメント :

コメントを投稿