五竜岳で東大スキー山岳部の新井監督が死亡

読売新聞:山岳スキーヤーの新井裕己さん、北アで死亡…捜索ヘリ発見
28日午前8時10分ごろ、長野、富山県境の北アルプス五竜岳(2814メートル)山頂から約300メートル下の急斜面で、群馬県高崎市九蔵町、東大スキー山岳部監督新井裕己(ゆうき)さん(32)が倒れているのを、長野県警ヘリが発見した。新井さんは既に死亡していた。
同県警大町署の発表によると、山頂付近には、新井さんのものとみられるスキー板が刺さっていた。同署は山頂付近から滑落したとみている。
新井さんは山岳スキーをするため、23日から同県白馬村から1人で入山、24日に下山する予定だった。新井さんの知人が27日夕、「新井さんのブログが更新されてない」と、同村遭難対策協議会に連絡し、28日朝から県警が捜索していた。
新井さんは、鹿島槍ヶ岳北壁などの初滑降記録を持つ、日本を代表する山岳スキーヤー。ロッククライミングにも精通し、日本山岳協会選手強化委員を務めている。
(2008年4月28日11時22分 読売新聞)。



スキーが刺さっている状況が故意に刺してあったのか、転倒時に突き刺さったのか不明ですが、とても残念な事故です。

ご冥福をお祈りします。

関連リンク:Laboratorism - 新井裕己のハードコア人体実験生活


大きな地図で見る

0 件のコメント :

コメントを投稿