恐羅漢でスノーボーダー7人不明

YOMIURI ONLINE:スノーボードの7人下山せず、広島のスキー場
4日午前0時ごろ、広島県安芸太田町横川の「国設恐羅漢スキー場」から、「スノーボードをしていた男性7人が下山せず、連絡がとれない」と県警山県署に連絡があった。
同署や地元消防団などの計約90人が同7時から捜索している。
同署によると、男性らは広島、山口、福岡県在住の30~40歳のグループで、うち5人は客、ほかの2人は同スキー場の従業員。従業員は3日、休みだった。
客の5人は3日午前10時30分ごろ、従業員の2人は午後1時30分ごろ、それぞれリフトで山頂へ登り、その後、コースを外れて歩いていくのを、別の従業員が目撃している。
同3時30分ごろ、うち1人が携帯電話で友人に「今ボードで山を滑って下りている」と話したのを最後に、連絡がつかなくなったという。
同6時ごろ、連絡の取れない従業員の妻から、スキー場管理事務所へ「夫が帰ってこない」と連絡があり、スキー場の従業員が探したが、見つからなかったという。
同スキー場は、広島、島根県境の恐羅漢山(1346メートル)の東側中腹にある。

この影響でしょうか、国設のほうのWEBサイトでは「本日臨時休業」の告知をしています。

全員が無事に下山されることをお祈りします。

関連リンク:恐羅漢スキー場OSORA国設スキー場

0 件のコメント :

コメントを投稿