ハンターマウンテン塩原でスノーボーダーがコースを外れて立木に衝突し死亡する事故

概要
2011年2月26日午後0時半ごろ、ハンターマウンテン塩原の上級コースで、スノーボードをしていた52歳男性が、コースから約2.5m外れた木に衝突した。

消防防災ヘリで病院に運ばれたが、約2時間後に死亡した。

コースの斜度は約15度で、幅は約50m。
雑木林との境界に防護柵はない。
男性はスノーボード歴が約30年ある。

データ
日時:2011-02-26 12:30ごろ
場所:ハンターマウンテン塩原 マディソン・アベニューコース(?)
天候:晴

傷病者
52歳男性:死亡(肝破裂)

ニュース記事
下野新聞:スノーボーダー立ち木に衝突、男性死亡 ハンターマウンテン塩原
MSN産経:スノーボード中の男性が木に衝突し死亡 栃木・那須塩原のスキー場

ひとこと
上級者コースとはいっても、コース幅が50mとのことですので、さほど難しいコースではないと思います。
スピードオーバーだったのでしょうか。

ご冥福をお祈りします。


関連リンク
ハンターマウンテン塩原

大きな地図で見る

3 件のコメント :

  1. 簡単なコースではありませんでした。
    当日はアイスリンクのようながちがちの斜面が頂上まで続いていて、ふもとを避けるように人は上へ上がっていました。
    混雑もしていましたし、また上級者でもスピードとカーブをコントロールするのにかなり手間取るようなコースでした。
    アルペンボードで最大斜度25度のマディソンコースを下るのはかなり危険な状態であり、それなりの初心者規制をすべきだったと感じております。

    返信削除
  2. コメントありがとうございます。

    どのぐらいのレベルを上級者と呼ぶかにもよりますが、25度程度の斜度で硬いバーンになったぐらいでターンできないようでは上級者とは呼べないと思います。

    事故が起きたのはニュー・マディソンだっったのでしょうか?

    「初心者規制」というご意見がありますが、そもそも当該コースは上級者向け(マディソン・アベニューは中上級者向け)と位置付けてられておりますから、初心者は滑走すべきではないと考えます。

    返信削除
  3. ハンターの凍り付いたバーンはアイスリンクそのものです。経験した人にしかわかりませんが、20年前ビンディングのトラブルでスキー靴で下まで滑って降りたことがあります。事故前日の高温で雪が溶け次の日は氷点下で凍り付き、そんなときは強風で表面の残った雪も吹き飛びまさにアイスバーンです。滑るのにいつも以上に筋力の疲労があるとおもいます。事故が起きた時間帯もそんな疲労がピークにあったのかもしれません。
    スキーは上級だからとか初級だからとかの区別がどこにあるのか、誰が決めるのかはわかりませんが、そもそも野外のレジャーはそんな曖昧なところが魅力ですし、そして危険な物です。同じコースも気象によって顔ががらりと変わります。
    そして体力との対話が必要だと思います。
    私と同じ52才の亡くなられた方にはご冥福を祈るばかりです。

    返信削除