蔵王温泉スキー場でスノーボーダーがコースを外れて立木に衝突し、意識不明の重体

概要
2011年2月8日午後1時10分ごろ、蔵王温泉スキー場大森ゲレンデの大森ジャイアントコース中腹で21歳男性スノーボーダーがコースを外れて、コース脇の窪地にある立木に衝突した。

「血を流し倒れている男性がいる」と、スキー客から警察に通報があった。

男性は、病院に搬送されたが、頭蓋骨骨折で意識不明の重体。

大森ジャイアントコースはおよそ1kmの林間コースで、初級者から上級者まで滑走が可能だが、現場は急な斜面からなだらかになり、コース脇のくぼ地に杉の木が立っている。

蔵王スキーパトロール隊によると、「8日の蔵王は快晴で、雪質はやや固めで上級者・中級者にとっては絶好のコンディション」だったということ。

データ
日時:2011-02-08 13:10ごろ
場所:蔵王温泉スキー場 大森ジャイアントコース
天候:晴

傷病者
21歳男性:頭蓋骨骨折、意識不明の重体

ニュース記事
MSN産経:スノーボードで立木に激突
日テレNEWS24:スノーボーダー立ち木に衝突、重体
山形新聞:蔵王でボーダー意識不明 大森ゲレンデコース脇、木に衝突

関連リンク
蔵王温泉スキー場

大きな地図で見る

0 件のコメント :

コメントを投稿