乗鞍高原温泉スキー場でスキーヤー転倒死亡事故

乗鞍高原温泉スキー場でスキーをしていた9歳の男の子が、転倒後フェンスに衝突し、死亡する事故がおきました。
MSN産経:スキーで転倒しフェンスに衝突、小3男児死亡 長野ウェブ魚拓
2009.2.9 12:13
8日午後0時20分ごろ、長野県松本市安曇の乗鞍高原温泉スキー場で、東京都世田谷区喜多見、会社役員、*さん(42)の長男、*君(9)=小学3年=がフェンスに衝突した。*君はドクターヘリで病院に運ばれたが、胸や首を強く打っており、9日朝に死亡した。*君はスキーを始めて2日目だった。ゲレンデの雪は硬めの状態だったという。
松本署とスキー場によると、*君は初級者向けのコースで転倒し、約5メートル間隔で立てた木柱にネットを張ったフェンス(高さ約2メートル)に衝突、その後に下のすき間を擦り抜けたとみられる。*君は家族ら5人で1泊2日で来ていた。


痛ましい事故です。

転倒後にフェンスに衝突して、さらにそのフェンスの下をくぐったとのことです。

外傷は転倒時に起きたのか、フェンスに衝突時に起きたのか、フェンスをくぐった後、木などのぶつかったのでしょうか。

そのあたりは不明ですが、相当なスピードが出ていたことは想像できます。

ご冥福をお祈りします。


関連リンク:乗鞍高原温泉スキー場

大きな地図で見る

0 件のコメント :

コメントを投稿