北志賀小丸山スキー場でシングルリフト脱索事故、3人ケガ

北志賀小丸山スキー場でシングルリフトのワイヤーが滑車からはずれ、弾みで3人が落下し1人が肋骨骨折の重傷、2人が軽傷を負う事故がおきました。
47NEWS:リフトから落下3人重軽傷 長野・北志賀小丸山スキー場ウェブ魚拓
21日午後3時半ごろ、長野県山ノ内町夜間瀬、北志賀小丸山スキー場で、1人乗りリフトのワイヤが支柱の滑車から外れ、乗っていた3人がリフトから3-5メートル下の雪上に落下した。
東京都北区の会社員*さん(32)が肋骨を折る重傷。神奈川県相模原市の男性(31)と大阪府吹田市の男性(26)も打撲などの軽傷を負った。
中野署によると、リフトのワイヤは9基の支柱で支えられており、ふもとから2基目の支柱部分で外れ、2基目と3基目の間に乗っていた3人が落下した。ほかに5人が乗っていたが、落ちなかったという。当時は晴天で、強風は吹いていなかったといい、原因を調べている。


風がなかったということですから、別の要因(搬器を揺らしたなど)でワイヤーがゆれたのか、滑車の破損などだったのでしょうか。

原因を良く調べてもらいたいと思います。

怪我をされた方、お早い回復をお祈りします。
他にリフトに乗っていた方々もお疲れ様でした。



==2009.02.23 追記==
事故直前にリフトに乗り損なったお客さんがいたとのことです。
まず、リフト利用時には安全にリフトが運行できるよう、マナーを守って欲しいです。
うまくリフトに乗る自信がないのであれば、無理をせずにシングルリフトは避けるべきでしょう。
2人乗り以上のリフトで仲間などとともに乗ってください。

今回の件はたまたま乗るときにミスったのかもしれません。
しかし、それがこのような事態を引き起こしてしまう可能性があることを、きちんと知っておくことが必要です。

スキー場もそういったリスクがあることをもっと告知してよいと思います。
また、搬器が大きく揺れていたのなら、緊急停止の措置も必要だったと思います。
(搬器が大きく揺れているときの緊急停止は、かえって危険なのでしょうか?詳しい方、ご意見下さい)


関連リンク:北志賀小丸山スキー場

大きな地図で見る

0 件のコメント :

コメントを投稿