白馬国際コルチナスキー場で雪崩、重傷事故

MSN毎日インタラクティブ24時:小谷村・スキー場で雪崩に巻き込まれ重傷/長野
31日午前7時55分ごろ、小谷村千国乙、白馬国際コルチナスキー場にあるわらび平ゲレンデの標高約1200メートル付近で幅約10メートル、長さ約300メートルにわたる雪崩が発生。現場周辺をパトロールしていた同スキー場アルバイト男性*が巻き込まれて約150メートル滑落し、腕などの骨を折る重傷を負った。(*は原文では実名)

雪崩は怖いですね。

滑走コース外では雪崩が起きやすい場所が多いですから、スキー場の規制に従って行動することが絶対です。

今回の事故は従業員が点検中だったということですが、現在の積雪量を考えると、そこに踏み込む必要があったのかどうか・・・

怪我された方のお早い回復をお祈りします。

関連リンク:白馬コルチナ国際スキー場

コメント

  1. 匿名20:20

    コルチナは何年に一回雪崩が起きていますね
    昔白馬高校の学生アルバイトパトロール隊員が雪崩に巻き込まれ亡くなった覚えている
    今回も従業員
    ホテル側の安全対策が気になる

    返信削除
  2. 白馬コルチナは地形上、雪崩が起きやすく、大規模なものが起こるとベースにまで達してしまう恐れがあるのだそうです。
    ですから雪崩のコントロールは必須なのですが、その手法などはやはり考えなければならないことだと思います。
    この事故で負傷した方は従業員といってもホテルのではなく、パトロール所属です。

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

飯綱リゾートスキー場で死亡事故、白馬岩岳スキー場で重体事故

栂池高原スキー場の雪崩死亡事故で引率者に有罪判決

2021-11-24 Sölden スノーボーダー(Marko Grilc)死亡事故

奥伊吹スキー場死亡事故、重過失致死傷罪でスノーボーダー起訴