玉原スキーパークでリフト停止、350人宙づり

asahi.com:スキー客350人、停電で一時宙づり 群馬・玉原高原
群馬県沼田市玉原高原のスキー場「たんばらスキーパーク」で29日午前10時10分ごろ、停電で6基のリフトがすべて停止し、乗っていたスキー客計約350人が最長で1時間20分にわたって宙づり状態になったことがわかった。客たちはスキー場側が用意した踏み台を使って降りたり、リフトのワイヤに引っかけた救助用具をつたって移動したりして全員が無事に地上におりた。

停電事故についてのスキー場からのアナウンス
1/29停電事故について
本日1月29日(日)にご来場されたお客様へ
本日はご来場ありがとうございました。
またこの度は、地域全体の停電により、リフト運行が停止したことにつきまして、深くお詫びいたします。
午前10時10分頃、周辺地域(沼田市・みなかみ町の一部)の停電となり、12時35分に通電いたしました。約2時間半の停電の正式な原因の報告は関係機関より受けておりませんが、スキー場途中の送電設備が、雪の影響により、障害を起こしたことが原因となったようです。
ご来場されたお客様には大変なご迷惑をお掛けいたしました事、スタッフ一同心よりお詫び申し上げます。
お客様へは、随時対応させていただきましたが、混乱の中、不手際が多々あったことと思います。重ねてお詫び申し上げます。
他のスキー場へ向かわれた方、早めに帰宅された方の中で、本日(平成18年1月29日)のリフト1日券をお持ちのお客様は、次回来場された時に、無料で、リフト1日券と引き替えさせていただきます。
スタッフ一同、今後も皆様のご期待に添えるよう努力して参りますので、またのご来場、お待ちしております。

遭遇してしまった皆様お疲れさまでした。


昨日投稿した重傷事故は、この後のことですね。


関連リンク:たんばらスキーパーク

コメント

このブログの人気の投稿

飯綱リゾートスキー場で死亡事故、白馬岩岳スキー場で重体事故

栂池高原スキー場の雪崩死亡事故で引率者に有罪判決

2021-11-24 Sölden スノーボーダー(Marko Grilc)死亡事故

奥伊吹スキー場死亡事故、重過失致死傷罪でスノーボーダー起訴