2019-01-21 ロッテアライリゾート スノーボーダー死亡事故

概要

2019年1月21日午後3時15分頃、ロッテアライリゾートで、スノーボーダー(54歳男性)がコース脇の雪に上半身が埋まった状態で発見され、病院へ搬送されたが死亡が確認された。死因は窒息死。

  • 男性は友人達と4人でスキー場に来ていた
  • 友人たちと別々に滑走していて仲間と連絡が取れなくなった
  • 13時過ぎ、友人が男性が行方不明になっているとスキー場に連絡
  • 関係者が捜索を開始
  • 15時過ぎに110番通報
  • 15時15分頃、雪に上半身を突っ込んだ状態の男性を別のスノーボーダーが発見
  • 心肺停止の状態で妙高市内の病院に搬送されたが、同8時58分、死亡が確認された
  • ウマノセコース沿い山麓第2リフトの乗り場から約100m上のコース脇
  • 当時は雪で視界が悪い状態

データ

  • 日時:2019年1月21日
  • 場所:ロッテアライリゾート
  • 傷病者:54歳男性(窒息死)

ニュース記事

関連リンク

ひとこと

深雪にはまって死亡する事故は毎年のように起きています。

雪崩ではなくとも、窒息死するリスクはあります。

深雪では転倒時に身動きがとれなくなることがあります。

このような事故はNARSID(Non-Avalanche Related Snow Immersion Death)と言われています。

こちらのサイト[ロープの向こう側 | 日本雪崩ネットワーク]で、わかりやすく説明されています(リンク先の中段「死因は窒息」の項)。

バックカントリーはもちろん、コース内であっても端の方は圧雪車が入っていない部分などがあり、見た目以上に積雪が深い部分もありますから、油断しないようにしましょう。

降雪が多い時期はとくに注意が必要です。

亡くなった方のご冥福をお祈りします。

コメント

このブログの人気の投稿

飯綱リゾートスキー場で死亡事故、白馬岩岳スキー場で重体事故

栂池高原スキー場の雪崩死亡事故で引率者に有罪判決

2021-11-24 Sölden スノーボーダー(Marko Grilc)死亡事故

奥伊吹スキー場死亡事故、重過失致死傷罪でスノーボーダー起訴