2016-02-28 だいせんホワイトリゾート スキーヤー重体事故

概要

2016年2月28日8時30分頃、だいせんホワイトリゾートで小学5年生の男児スキーヤー(11)が滑走中にコース内の立ち木に衝突し、頭などを強く打った。

一時意識不明の重体となり、防災ヘリで病院に運ばれたが、命に別状はない。

  • 男児は、父親(42)と弟(10)の3人で遊びに来ており、途中で父親とはぐれて弟と一緒に滑っていた
  • 近くのリフトから事故を目撃したスキー客の男性が、場内のパトロール隊に通報した
  • 「朝方アイスバーンだったので、多少スピードが出やすい状況だった」(だいせんホワイトリゾート)
  • 「真っすぐ滑って木に激突した」(目撃者)
  • 事故当時は晴れて視界は良く、混雑もなかった
  • 現場は初心者用の緩やかなコースだが、松の木が多く生えている
  • ゲレンデの立木の一部には衝撃を軽減するためのカバーが付けられているが、男児が衝突した木にはカバーは付けられていなかった

データ

日時:2016年2月28日
場所:だいせんホワイトリゾート 国際エリア
天候:晴れ

傷病者

11歳男児:重体

ニュース記事

産経新聞:スキーで木に衝突、重体 鳥取・大山、小5男児 http://archive.is/bvBii
産経新聞:スキーで木に衝突の小5男児「命に別条なし」…鳥取・大山 http://archive.is/mnqhd

TBS Newsi:鳥取・大山町のスキー場、小学生が木に衝突し一時意識不明 http://archive.is/XMKSy

関連リンク

だいせんホワイトリゾート

0 件のコメント :

コメントを投稿