2016-02-20 ニセコB.C. スキーヤー死亡事故

概要

2016年2月20日正午ごろ、ニセコマウンテンリゾート グラン・ヒラフの管理区域外で男性スキーヤー(47)が立ち木に衝突し、病院に搬送されたが間もなく死亡した。


  • 男性は職場の同僚ら2人、現地で知り合った外国人1人の計4人と滑走していたところ、男性が単独で立木に衝突した。
  • 死因は骨盤骨折による失血死。
  • 現場はスキー場北側にある斜面。
  • 斜面は立入禁止区域ではない。

データ

日時:2016年2月20日 12:00ごろ
場所:ニセコグラン・ヒラフ北側斜面(管理区域外)
天候:晴れ/曇

傷病者

47歳男性:死亡(失血死)

ニュース記事

時事通信:東京のスキー客が死亡=コース外の立ち木に衝突-北海道 http://archive.is/5rDcf

ひとこと

ご冥福をお祈りします。



0 件のコメント :

コメントを投稿