2016-01-31 前武尊 スキーヤー雪崩死亡事故

概要

2016年1月31日12:10ごろ、群馬県前武尊でスキーヤー(36歳男性)が雪崩に巻き込まれたと警察に通報があった。

男性は近くにいたスキーヤーらに救助されたあと、ヘリコプターで心肺停止の状態で病院に搬送されたが、その後死亡が確認された。

男性は友人と2人で滑っていた。


群馬県内では29日夜から30日未明にかけて各地で雪が降り、片品村に隣接するみなかみ町の藤原では、30日正午現在の積雪量は54センチを観測。
29日から31日朝まで片品村を含む群馬県北部になだれ注意報が出ていた。

データ

日時:2016年1月31日12:10ごろ
場所:群馬県前武尊付近
天候:気象庁データ20160131藤原

傷病者

36歳男性:死亡

ニュース記事

NHK:コース外でスキー 雪崩に巻き込まれ男性死亡 http://archive.is/e2bim
スポニチ:前武尊でスキー中に雪崩…上毛新聞社員死亡 http://archive.is/NKJJB
朝日新聞:雪崩に巻き込まれスキー客死亡 コース外を滑走 群馬 http://archive.is/hosU0


亡くなった方のご冥福をお祈りします。

0 件のコメント :

コメントを投稿