2016-01-27 恐羅漢スノーパーク スキーヤー死亡事故

概要

恐羅漢スノーパークに1月27日に出掛け、行方不明になっていた男性スキーヤー(70)が31日9時10分ごろ、コース脇にある林の中で、雪に埋まっているところをスキー客に発見され、病院で死亡が確認された。




男性は1人で27日午前から1泊2日の予定で自宅を出たが戻らないため、29日20時ごろ、妻が「夫がスキー場に行ったまま帰宅せず、連絡が取れない」と警察に届出た。
30日、県警と地元消防が捜索を始めたが見つからなかった。

スキー場近くの路上に男性の車があり、27日10時25分ごろにリフト券の発券を受けた記録。27日夜に予約をしていた近くの民宿には泊まっていなかった。


スキー板やヘルメットを着用し、頭を下にした状態で雪に埋まり、足だけが見えていた。
目立った外傷はない。
現場の積雪は約1メートル。

現場は立ち入り禁止エリアではない。
男性はこのスキー場の常連客。


データ

日時:2016年1月27日(?)
場所:恐羅漢スノーパーク
天候:気象庁データ20160127内黒山

傷病者

70歳男性:死亡(窒息?)

ニュース記事

テレ朝ニュース:3日前から…広島のスキー場で70歳男性が行方不明 http://archive.is/QPbPu
日刊スポーツ:スキー場で70歳男性が行方不明 広島県安芸太田町 http://archive.is/QwsK8
産経WEST:スキー場に不明男性の遺体 広島・安芸太田町 http://archive.is/blVvU
ytv:スキーに出かけ不明の70歳男性、遺体発見 http://archive.is/fZclU
FNN:不明のスキー客を遺体で発見 広島・安芸太田町 http://archive.is/kszs2

ひとこと

スキー場内で起こりうる死亡事故の例です。

コース脇の深雪にハマると抜けれなくなることがあり、そのまま窒息死、あるいは凍死してしまいます。

雪がだいぶ増えてきましたので、お気をつけください。

亡くなった方のご冥福をお祈りします。


0 件のコメント :

コメントを投稿