2014-01-19 かぐらスキー場経由BC 遭難

概要

2014年1月19日8:00ごろ、かぐらスキー場からスキーでバックカントリーへ出た男性(37)から「滑走中に自分の位置が分からなくなった」と携帯電話で110番通報があった。
南魚沼署や地元消防、山岳救助隊が捜したが見つからず、午後4時に捜索を中断。
20日7:30から捜索再開。
13:20ごろ新潟県警のヘリコプターがかぐらスキー場から約9km離れた長野県との県境付近で発見・救助。
17日に1人で入山
19日の山頂付近は悪天候で視界不良。

データ

日時:2014-01-18 8:00ごろ
場所:津南町大赤沢付近
天候:雪・視界不良

傷病者

両手の凍傷:37歳男性

ニュース記事

新潟日報:スキー場で会社員遭難
テレ朝news:「自分の位置分からない」新潟スキー場で男性遭難
テレ朝news:スキー場入山3日目 朝から捜索再開 新潟・湯沢町
テレ朝news:スキー場で遭難から3日 9キロ離れた場所で男性救助
毎日新聞:遭難:スキー場で、江東の男性救助−−新潟県警 /東京
MSN産経:山スキー遭難の男性救助 新潟県警

0 件のコメント :

コメントを投稿