2014-01-01 池の平温泉スキー場エリア外 遭難

概要

2014年1月1日午後1時ごろ、池の平温泉スキー場(新潟県妙高市)で、35歳男性がスノーボードで滑走中にコース外に出て自分がいる位置が分からなくなり、友人に電話で助けを求めてきた。

連絡を受けた友人が同日午後3時20分ごろ110番通報した。

1日午後11時半ごろまで捜索したが発見できず。

2日午前、スキー場から1キロほど離れた川の上流付近で、救助隊の呼びかけに応じる男性の声がしたが、現場が切り立った谷で、雪で視界が悪かったことから、発見には至らなかった。

3日午前8時半ごろ、県警のヘリが白田切川上流付近に両手を振っている男性を発見、救助。

同川近くのくぼ地にいたため雨風をしのげた。
食料はなく、つららや雪を食べていたという。
同スキー場の2日夜の最低気温は氷点下2度だった。
男性は軽い低体温症にかかっているものの、けがなどはない。

データ

日時:2014-01-01 13:00ごろ
場所:池の平温泉スキー場エリア外
天候:雪

傷病者

低体温症:35歳男性

ニュース記事

日刊スポーツ:新潟のスキー場でスノボ男性が遭難
上越タウンジャーナル:池の平温泉スキー場で35歳男性スノーボーダー遭難 捜索中
NHK:スノーボードの男性遭難か 新潟・妙高

日刊スポーツ:埼玉のスノボ男性救助
上越タウンジャーナル:池の平温泉の35歳男性スノーボーダー遭難3日目で無事救出
NHK:スノーボード中に不明の男性救助
毎日新聞:妙高のスノボ遭難:2日ぶり男性救助 衰弱もけがなし /新潟
毎日新聞:遭難:スノボ男性を2日ぶり救助−−新潟・妙高のスキー場 /埼玉
日テレNEWS24:スキー場で遭難の男性、救助の瞬間捉える

関連リンク

池の平温泉スキー場

0 件のコメント :

コメントを投稿