柔道の練習中に中学生が頭を打ち死亡した事故で、安全配慮義務を怠ったとして柔道場の指揮監督者に賠償責任を認めた判決

毎日新聞:訴訟:金メダル柔道家、中1事故死責任 広島地裁賠償命令 *ウェブ魚拓
 ミュンヘン五輪(72年)柔道の金メダリスト、川口孝夫さん(59)が館長を務める川口道場=広島市安佐南区=で07年、中学1年の*さん(当時12歳)が練習中に頭を打ったのが原因で死亡したのは、安全配慮義務などを怠ったのが原因として、両親が、川口館長ら6人に約8400万円の慰謝料などを求めた訴訟の判決が7日、広島地裁であった。福田修久裁判官は「安全を最大限重視し、指導監督すべきであった」として、川口館長に約2400万円の支払いを命じた。
 判決によると、*さんは07年6月22日、男子中学生との投げ込み練習中に、後頭部を強く打って意識不明となり、同年7月6日、急性硬膜下血腫で死亡した。福田裁判官は「同じ中学生との投げ込み練習では、*さんの他にも頭を打った門下生が何人もおり、指揮監督者である川口館長は責任を免れることはできない」と指摘した。


改めて、亡くなった方のご冥福をお祈りします。

0 件のコメント :

コメントを投稿