剣道部の高校生が熱中症で死亡する事故

毎日新聞:熱射病:高2男子が死亡 剣道の部活中 大分・竹田 *ウェブ魚拓
大分県竹田市の県立竹田高校で22日、同校2年の*さん(17)が剣道の部活動中に倒れ、搬送先の病院で死亡した。23日の解剖の結果、死因は熱中症の中で最も症状が重い熱射病だった。
県警竹田署などによると、*さんは22日午前9時ごろから、他の部員7人とともに同校の剣道場で練習していた。正午ごろにふらついて倒れ、意識がもうろうとした状態になった。病院に搬送されたが、約7時間後に亡くなった。



現在行われている夏の全国高校野球大会でも熱中症で手当を受ける生徒さんが多いようですが、運動する際には、水分・塩分補給などはこまめに行って、予防して欲しいです。

室内競技では換気にも注意していただきたいと思います。


亡くなった方のご冥福をお祈りします。

0 件のコメント :

コメントを投稿