Obereggen の当て逃げ死亡事故で、16才の少年が警察に出頭

イタリア・オーベルエッゲンで起きた、スキーヤー同士の衝突一方のスキーヤーが死亡した事故で、現場から立ち去っていた少年が父親と弁護士とともに警察に出頭しました。


“犯人”が不明のまま終わることなく良かったと思います。

結果の重大さを考えなかったのでしょう。衝突事故の際にはきちんと現場にとどまり、救助、パトロールへの連絡、身分の証明などが必要です。

現地の法令ではどのように裁かれるのか不明ですが、逃げたことによって罪が重くなるかもしれません。

改めて亡くなった方のご冥福をお祈りします。

関連リンク:Obereggen で当て逃げ死亡事故

0 件のコメント :

コメントを投稿