大山国際スキー場で中2スキーヤー死亡事故

asahi.com:スキー大会で練習中の中2男子が死亡 鳥取・大山
10日午後2時ごろ、鳥取県大山町大山の大山国際スキー場のパトロール隊から、境港市立第二中学校2年生*(14)がゲレンデで倒れていると119番通報があった。中学生*は意識や呼吸がなく、病院に運ばれたが外傷性くも膜下出血で死亡した。(*は原文では実名)
事故の詳細は不明ですが、日テレNEWS24記事では『かぶっていたヘルメットが割れていた』ということです。

ヘルメットが割れるなどということは通常では考えにくいのですが、だとすれば、相当なスピードが出ていたと考えられます。

競技のための練習ですから、スピードを出すのはやむをえないのでしょうが、このようなリスクがあることをよく考える必要がありそうです。


大変痛ましい事故です。
ご冥福をお祈りします。


関連リンク:大山国際スキー場

0 件のコメント :

コメントを投稿