2018-03-25 高鷲スノーパーク スノーボーダー衝突事故

概要

2018年3月25日10時20分頃、高鷲スノーパークのハーフパイイプで、スノーボーダー同士(18歳女性・47歳男性)が衝突し、女性が血気胸の重傷、男性は軽傷を負った。

  • 2人はスタートからほぼ同時に滑り始めた。
  • パイプの終盤で衝突した。

データ

  • 日時:2018年3月25日10:20頃
  • 場所:高鷲スノーパーク
  • 天候:晴

傷病者

  • 18歳女性:血気胸
  • 47歳男性:左足打撲

ニュース記事

ひとこと

岐阜県警郡上署によると、2人はコースの左右にあるスタート場所からほぼ同時に滑り始め、コースの終盤でぶつかったという。

平昌・スノボ代表の今井選手が重傷 郡上のスキー場で男性と衝突:社会:中日新聞(CHUNICHI Web)

通常のゲレンデでも、同時に滑り出すと、滑走コースが重なって衝突しやすい状況が生まれます。

ハーフパイプでは、より危険度が増します。

注意して滑走したいですね。

お早い回復をお祈りします。

コメント

このブログの人気の投稿

2018-01-20 会津たかつえスキー場 スノーボーダー死亡事故

夏油高原スキー場でスノーボーダー転倒死亡事故