2017-03-13 大山三鈷峰B.C. スノーボーダー遭難救助

概要

2017年3月13日、国立公園大山の三鈷峰(1516m)付近で、スノーボーダー(男性43歳)が、場所が分からなくなり立ち往生し、14日朝防災ヘリで救助された。

  • 男性は13日9:30頃、夏山登山道から山頂を目指して登山
  • 18:00頃、家族に「スキー場のコースから外れた。真っ暗で何も見えない」と連絡、家族が県警に通報
  • 男性からの通報をもとに県警が居場所を絞り、警官5人と県山岳協会員2人が捜索
  • 男性は食料や小型テントなどを装備
  • 登山届は提出していなかった

データ

日時:2017年3月13日18:00頃
場所:大山三鈷峰付近
天候:不明

傷病者

なし

ニュース記事

危険滑走し遭難、大山で男性救助 県警注意呼び掛け | 日本海新聞 Net Nihonkai http://archive.is/ndl6r

ひとこと

結果的にヘリ出動ということでしたので、怒られても仕方ないかもしれませんが、見出しがこれではねぇ。。。

「遭難した=>危険滑走」というのは違う気がします。

0 件のコメント :

コメントを投稿