2015-01-17 妙高赤倉バックカントリー スキーヤー雪崩死亡事故

概要

赤倉観光スキーリゾートからエリア外に出て言ったスキーヤー(35歳男性)が、雪崩に巻き込まれて死亡する事故があった。

男性は17日昼ごろ、第5高速クワッド降り場からさらに先を目指すと、一緒にスキーに来た女性(34歳)にいい、スキーを担いで山を登ったらしい。

同日18:00ごろ、女性から女性(34)から「一緒にスキーに来ていた友人が戻ってこない」と妙高警察署に通報があった。

18日朝から捜索が開始され、12:55頃、同スキー場の第5高速クワッド降り場から約250m上方の東山東側斜面の沢で発見された。

男性は雪に埋もれた状態で倒れていて、スキーははいていなかった。

病院へ搬送されたが、死亡が確認された。


データ

日時:2015年1月17日午後
場所:赤倉観光リゾートスキー場エリア外
天候:雪


傷病者

35歳男性:死亡(窒息)


ニュース記事

産経ニュース:新潟・妙高のスキー場で男性不明 18日に捜索へ
産経ニュース:不明の男性発見、死亡 新潟のスキー場
上越タウンジャーナル:赤倉では35歳男性スキーヤーが行方不明 早朝から捜索
上越タウンジャーナル:赤倉観光リゾートスキー場で遭難の35歳男性スキーヤー死亡


ひとこと

ご冥福をお祈りします。

0 件のコメント :

コメントを投稿