2015-01-17 妙高粟立山バックカントリー スノーボーダー雪崩死亡事故

概要

2015年1月17日10時55分頃、妙高市の粟立山でスノーボーダー2人(38歳男性・48歳男性)が雪崩に巻き込まれ、1人が死亡する事故が起きた。
  • 雪崩が起きたのは標高約900メートルの地点(旧新井リゾートがあった大毛無山から北に約2km)
  • 1人が自力で脱出し119番通報。この時点でもう1人は意識不明。
  • 救助隊は悪天候で現場に辿りつけず、17日の捜索を中断。
  • 雪洞を作って一夜を過ごした。
  • 翌朝捜索が再開され、11時過ぎに標高約700メートルの林道付近で発見救助された。
  • 意識不明の男性は病院で死亡が確認された。
  • 妙高市には17日、大雪警報と雪崩注意報が出ていた。


データ

日時:2015年1月17日10:00頃
場所:妙高市粟立山
天候:雪


傷病者

38歳男性:凍傷
48歳男性:死亡(窒息)


ニュース記事

NHK:雪崩でスノーボーダー1人意識不明か 新潟・妙高
NHK:雪崩に巻き込まれた”18日朝捜索再開へ
NHK:遭難の2人発見も1人意識不明 新潟
上越タウンジャーナル:妙高市の粟立山で雪崩 上越市の男性2人が巻き込まれ不明
上越タウンジャーナル:妙高市の粟立山で遭難ボーダー2人をヘリで救助 48歳男性死亡


ひとこと

かなり天候が悪かったようですね。
雪崩の発生にはいろいろな要因があります。
バックカントリーへ出るときには雪崩には十分注意して下さい。

亡くなった方のご冥福をお祈りします。

0 件のコメント :

コメントを投稿