2017-01-02 八方尾根BC スキーヤー重体事故

概要

2017年1月2日13:10頃、八方尾根北側斜面で男性スキーヤー(28)が、雪崩に巻き込まれ意識不明の重体となる事故が起きた。

  • 知人と3人で白馬八方尾根スキー場から八方池山荘付近まで登り、滑走。
  • 現場は八方池山荘から北側400〜500mほど下った斜面で松川支流の沢「南股入」付近。
  • 13時の白馬の気温は、平年より5度ほど高い7.4度で風は弱かった。


参考
170102hakuba|日本雪崩ネットワーク
170103hakuba|日本雪崩ネットワーク


データ

日時:2017年1月2日 10:10頃
場所:八方尾根北斜面
天候:白馬地方 https://goo.gl/AWKKBK

傷病者

28歳男性:意識不明


ニュース記事

信毎web:白馬八方尾根で雪崩 山スキーの男性重体 http://archive.is/SY12K


ひとこと

バックカントリーの滑走、やはり雪崩の事故が多いです。

慎重に行動しましょう。


一日でも早い回復をお祈りします。



0 件のコメント :

コメントを投稿