秋田駒ヶ岳でスキーヤーが遭難・死亡

概要

2012年2月12日午後3時30分ごろ、秋田駒ケ岳で知人(32歳)とともに入山した男性(61歳)がスキーで下山中に「滑落して道に迷った。山頂から1キロぐらいのところにいると思う。」と携帯電話で岩手の登山仲間に連絡し、登山仲間がスキー場を通じ警察に通報した。警察や消防、たざわ湖スキー場のパトロール隊などが捜索したが見つからなかった。
13日午前7時から警察と消防で捜索を再開。午後0時30分頃、標高1450メートル付近の雪洞内で横たわっている男性を発見。病院に運ばれたが、死亡が確認された。

男性は12日午前9時ごろから知人男性と2人で田沢湖スキー場から入山したが、吹雪で視界が悪いため引き返そうと同11時ごろスキーで下山。その途中で知人とはぐれた。知人男性は自力で下山した。

男性はビバークしたが、凍死したと思われる。日帰りの予定だったため、テントや食料は持っていなかった。


ご冥福をお祈りします。


データ

日時:2012年02月12日 15:30ごろ
場所:秋田駒ヶ岳
天候:吹雪・視界不良

傷病者

61歳男性:スキー/凍死

ニュース記事

時事通信:秋田駒ケ岳で男性不明=岩手の60代、吹雪で下山中遭難男性の死亡確認=秋田駒ケ岳
秋田魁新報:秋田駒、スキーで下山中の男性遭難 携帯で仲間に連絡、通報
読売新聞:秋田駒ヶ岳で登山者遭難「沢に落ちたようだ」
日テレNEWS24:岩手県の男性見つからず秋田駒ケ岳で八幡平市の男性遭難秋田駒ケ岳で山スキー遭難・捜索続く山スキーで遭難の男性発見 意識不明の状態冬山登山で遭難・岩手県の男性死亡

関連リンク

たざわ湖スキー場


大きな地図で見る

0 件のコメント :

コメントを投稿