ニセコHANAZONOリゾートでスノーボーダー死亡事故

概要
2011年12月29日午後2時半ごろ、

ニセコHANAZONOリゾートで、男性スノーボーダー(31)がゲレンデで倒れているのを、仲間が見つけて119番通報した。

男性は頭を強く打っており(頭蓋骨骨折?)、病院に搬送されたが、まもなく死亡が確認された。

倶知安署によると、伊藤さんはスキー場中腹のジャンプ台を飛んだあと、着地に失敗したとみられる。
スキー場によると、ジャンプ台は長さ約8メートル、高さ約1.5メートル。


データ
日時:2011年12月29日 14:30ごろ
場所:ニセコHANAZONOリゾート
天候:不明


傷病者
31歳男性(スノーボード):傷病名不明(死亡)


ニュース記事
読売新聞:スノボ中に転倒、男性会社員が死亡…着地失敗か
MSN産経:スノボで愛知の男性死亡 着地に失敗、頭強打
北海道新聞:倶知安のスキー場 ジャンプ失敗 ボーダーの会社員死亡


ご冥福をお祈りします。



関連リンク
ニセコHANAZONOリゾート


大きな地図で見る

0 件のコメント :

コメントを投稿