タンネの森オコジョスキー場でスキーヤー同士が衝突、1人死亡の事故

志賀高原のタンネの森オコジョスキー場でスキーヤー同士が衝突死、1人死亡、1人が重症を負う事故がおきました。


4日午後2時50分頃、長野県山ノ内町平穏の「タンネの森オコジョスキー場」で、スキーヤー同士が衝突した。
石川県白山市田中町、アルバイト*さん(67)が死亡し、愛知県大府市共西町、会社員*さん(46)も顔の骨を折る重傷。中野署の発表によると、現場は初心者向けのなだらかな斜面。
シーズン終盤にきて、大変悲しい事故ですね。
どういう状況で衝突したのでしょうか。

タンネは森の中を滑走できる、非常に落ち着いた雰囲気のスキー場です。
のんびりと滑走して欲しいと思います。


亡くなった方のご冥福をお祈りします。

残りのスキーシーズン、安全滑走を心がけましょう。


2010.04.06 15:20 追記
こちらのニュースで事故の様子が少し分かりました。
接触後に、立木にぶつかったことが双方の死傷の原因のようです。

コース内に立木があるところでは、バランスを崩せばそれにぶつかってしまったり、木が死角になって他人に気付かず接触し(そうになっ)たりすることもあります。

十分にスキー・スノーボードをコントロールして、安全に滑走しましょう。


タンネの森オコジョスキー場


大きな地図で見る

0 件のコメント :

コメントを投稿