Whistler Blackcomb などでヘルメット着用についての新ルール

Intrawest が運営する、Whistler Blackcomb などのスキー場で、ヘルメットの着用について新たなルールを設けることになったようです。

概要は次のようなものです。
  • スキー場を利用する全てのスキーヤー・スノーボーダーへヘルメット着用を推奨
  • 従業員全員のヘルメット着用義務(2010-2011シーズンまでに)
  • スキー・スノーボードプログラムに参加する子供・ティーンエイジャー(Terrain Park を使うプログラムでは年齢に関係なく)のヘルメット着用義務


ヘルメットの着用を義務づけかどうかについての議論は、死亡事故が起きるたび活発になりますが、昨シーズンのナターシャ・リチャードソンの死亡事故以来、一気に規制の方向へ流れている感じです。

オーストリアでも15才以下の子供のヘルメット着用義務が今シーズンより始まります。


小さなお子さんなどは、まだまだ自己判断が難しいため、義務化もやむを得ないと思います。
従業員などはスキー場を訪れる人への啓蒙のため、パーク内では必然的に危険度が高いため、これらもやむを得ないのかもしれません。
(日本でルール化が必要、というわけではありませんが、今後そのような動きも出てくる可能性は十分あります。)


死につながるような事故としては、ゲレンデの起伏を利用してジャンプに失敗する事故、“パーク”内での転倒事故、コース脇の木立への衝突などがあげられます。
これらについては、ヘルメットをしていれば、命を落とさずに済んだ事例もあるでしょう。


ヘルメットの着用はリスクを軽減します。

しかし、ヘルメットは頭部の保護を目的とするものであって、全てのリスクに対して完全であることを保障するものではありません。

ヘルメットを着用するかどうか、ということ以前に「危険を知って、安全に滑走する」という「意識」こそが、事故を防ぐ一番の手段です。
(僕ら指導者も「ヘルメットさえかぶっていれば安心」というミスリードはしてはいけないと思います。)


Think Safety

安全について考えましょう。
ちょっとだけでいいと思います。

安全について考えた結果、ヘルメットを着用するかどうかの選択をできればいいと思います。



日本でも、今月オープンするスキー場があります。
Think Safety ! 楽しいスキー・スノーボードライフを!



関連記事:オーストリアでヘルメットの着用義務化?


関連リンク:Intrawest
Blue Mountain Ski RsortCopper Mountain Ski Resort
Mountain Creek Ski ResortPanorama Mountain Resort
Snowshoe Mountain Ski ResortSteamboat Ski & Resort
Stratton Mountain Ski ResortMont Tremblant Ski Resort
Winter Park ResortWhistler Blackcomb

0 件のコメント :

コメントを投稿