砲丸投げの練習中に砲丸が別の生徒に当たり重傷

毎日新聞:事故:砲丸投げの練習中、別の生徒に当たる 頭の骨を折る重傷--笠岡工高 /岡山 *ウェブ魚拓
16日午前9時半ごろ、笠岡市横島の県立笠岡工業高校(中桐上雄校長)のグラウンドで、体育祭の砲丸投げ競技の練習中、同校2年の男子生徒(17)=浅口市寄島町=の額に、別の生徒が投げた砲丸(直径10センチ、重さ4キロ)が当たった。生徒は病院に搬送されたが、頭の骨を折る重傷。意識はあり、命に別条はないという。

こちらの事故と同じような状況ではないでしょうか。

声の掛け合いや、監視をきちんとしながら行わないと、こういう事故は防げないでしょう。

怪我をされた方のお早い回復をお祈りします。

0 件のコメント :

コメントを投稿