富士山でスキー中に行方不明になっていた男性が遺体で発見される

日刊スポーツ:富士山の白骨遺体は5月に不明の慶大教授 *ウェブ魚拓
静岡県の富士山で5月、スキー中に行方不明となった慶応大理工学部教授*さん(64=横浜市緑区長津田町)とみられる遺体が2合目付近で見つかり、富士署は25日、歯型から*さんと確認した。
同署によると、*さんは5月3日、スキー登山に来た仲間3人と8合目付近で別れた後、行方が分からなくなった。同県富士市大淵の2合目付近の沢で今月19日、キノコ採りの男性が白骨遺体を発見、同署が身元確認を進めていた。(共同)



下記記事の件です。
富士山でスキーヤー行方不明

ご冥福をお祈りします。

コメント

このブログの人気の投稿

飯綱リゾートスキー場で死亡事故、白馬岩岳スキー場で重体事故

栂池高原スキー場の雪崩死亡事故で引率者に有罪判決

2021-11-24 Sölden スノーボーダー(Marko Grilc)死亡事故

奥伊吹スキー場死亡事故、重過失致死傷罪でスノーボーダー起訴