乗鞍岳山系池ノ俣御輿谷で男性死亡

YOMIURI ONLINE:朴の木平で遭難か 岐阜県飛騨の会社員(2007年3月22日)
21日午後8時20分ごろ、岐阜県飛騨市古川町、会社員*さん(28)の家族から、*さんが同県高山市の乗鞍岳へ山スキーに出かけたまま帰ってこないと、県警高山署に連絡が入った。
同署の調べによると、*さんは同日午前6時ごろ、「朴(ほお)の木平方面に山スキーに行ってくる」と、家族に伝えて1人でバスで出かけた。午後0時45分ごろに「風が強いので雪洞を掘り、昼飯を食べてから帰る」と、家族に携帯電話でメールがあったが、その後連絡が取れなくなったという。同署では、乗鞍岳ふもとの朴の木平付近で遭難した可能性もあるとみて、きょう22日早朝から、県警山岳警備隊などを派遣、捜索する。
YOMIURI ONLINE:乗鞍で男性が転落?死亡(2007年3月23日)
22日午前8時半ごろ、高山市丹生川町の乗鞍岳山系池ノ俣御輿谷(いけのまたみこしだに)で、飛騨市古川町、会社員*さん(28)が倒れているのを、捜索していた県警のヘリコプターが発見、収容したが、全身を強く打ち、すでに死亡していた。
高山署の調べでは、*さんは21日早朝、「乗鞍の方へ山スキーに行ってくる」と1人で家を出発。午後になって、「風が強いので雪洞を掘り、昼飯を食べて帰る」と家族にメールがあった後、連絡が途絶えたため、同署などで捜索していた。
*さんは、高さ60〜70メートルの地点から谷に転落したらしい。(*は原文では実名)
単独での行動だと怪我などで動けなくなったとき、助からなくなってしまう可能性が高まります。
もし、転落後も生命反応があった状態で他にも人がいれば、もしかしたら命は取り留めたかもしれません。
亡くなった方のご冥福をお祈りします。

0 件のコメント :

コメントを投稿