2014-02-02 スプリングバレー泉高原スキー場 死亡事故

概要

2014年2月2日21:00頃、スプリングバレー泉高原スキー場のコース脇で、チェアスキーの男性(43)が頭から血を流して倒れているのを、リフトに乗っていた客が見つけた。

男性は頭を強く打っており、その場で死亡が確認された。

コース脇の木にぶつかった跡があることから、滑走中に木に衝突したとみられる。

データ

日時:2014-02-02
場所:スプリングバレー泉高原スキー場 クリッパーAコース
天候:不明

傷病者

死亡:43歳男性(チェアスキー)

ニュース記事

読売新聞:スプリングバレー泉高原
河北新報:チェアスキー中に男性会社員死亡、立木衝突か 仙台・泉
http://youtu.be/7SkgoL8bcxw

関連リンク

スプリングバレー 泉高原スキー場|ウィンターシーズン



ご冥福をお祈りします。

コメント

このブログの人気の投稿

飯綱リゾートスキー場で死亡事故、白馬岩岳スキー場で重体事故

栂池高原スキー場の雪崩死亡事故で引率者に有罪判決

2021-11-24 Sölden スノーボーダー(Marko Grilc)死亡事故

奥伊吹スキー場死亡事故、重過失致死傷罪でスノーボーダー起訴