2021-02-27 草津温泉スキー場 スノーボーダー重体事故

概要

2021年2月27日午後、草津温泉スキー場で、スノーボーダー(27歳)が、意識を失い、ヘリで病院に搬送されたが重体(急性硬膜下血腫)。

  • 早朝から友人2人と滑走していた
  • 午前中にも何度か転倒し、「気分が悪い」と漏らしていた
  • 毛糸の帽子をかぶり、ヘルメットは装着していなかった

データ

  • 日時:2021年2月27日 PM
  • 場所:草津温泉スキー場
  • 傷病者:27歳女性(急性硬膜下血腫)

ニュース記事

ひとこと

ヘルメットをかぶっていたとしても、逆エッジでの転倒(緩斜面でも)、ジャンプ後の転倒では、頭蓋骨にダメージがなく内部で脳出血等が起こることがあります。
帰宅後に容態が急変して死亡する例もあります。

この手の事故は、スノーボード黎明期にかなりの件数が報告されていました。

初めてスノーボードをする場合、初級の場合、きちんとした技術を身につけることが大切です。

怪我された方の回復をお祈りします

関連リンク

コメント

このブログの人気の投稿

飯綱リゾートスキー場で死亡事故、白馬岩岳スキー場で重体事故

栂池高原スキー場の雪崩死亡事故で引率者に有罪判決

2021-11-24 Sölden スノーボーダー(Marko Grilc)死亡事故

パルコール嬬恋スキー場で従業員がゴンドラから落下し死亡する事故