2018-02-04 しらかば2in1スキー場 スキーヤー同士衝突死亡事故

概要

2018年2月4日18:00頃、しらかば2in1スキー場でスキーヤー同士(40歳男性・13歳男性)が衝突し、40歳男性が病院に搬送されたが、脾臓破裂で死亡した。13歳男性は頭に軽いけが。

  • 13歳男性がゲレンデ下部で滑走していて、上部から滑走してきた40歳男性が衝突した。

データ

  • 日時:2018年2月4日 15:55頃
  • 場所:しらかば2in1
  • 天候:晴

傷病者

  • 40歳男性:死亡(脾臓破裂)
  • 13最男性:軽傷

ニュース記事

ひとこと

事故の詳細はわかりませんが、一般論で言うと、上方から滑走するスキーヤーに回避義務があります。

NHKの方では、事故の時刻が「午後6時前」になっているので、ナイター滑走中かと思ってしまいました。

しかし、白樺2in1のリフト運行が16:30まででナイターもないので、共同ニュースのほうが正確なのだと思います。

仮にナイターの時間で昼間より見えにくくても、悪天候で視界状況が悪くても、それを考慮してスピードを調節するなどして前方に注意して滑走しなければなりません。

亡くなった方のご冥福をお祈りします。

コメント

このブログの人気の投稿

八方尾根スキー場でスノーボーダー死亡事故

2017-12-24 佐久スキーガーデンパラダ 男児スキーヤーリフト転落事故

パルコール嬬恋スキー場で従業員がゴンドラから落下し死亡する事故

船形山の不明女性、遺体で発見