奥伊吹スキー場死亡事故、執行猶予判決

Sankei Web会社員に禁固2年、猶予4年 スノーボード事故
米原市の奥伊吹スキー場で今年1月、スノーボーダーと衝突したスキーの親子連れが死傷した事故で、重過失致死傷罪に問われた津市の会社員、*被告(30)の判決公判が9日、大津地裁長浜支部であり、徳地淳裁判官は*被告に禁固2年、執行猶予4年(求刑・禁固2年)を言い渡した。
ご遺族の方の悲しみ、悔しさは計り知れません。
この判決が妥当かどうかは別として、これで本当に反省できるのだろうかという気がします。

コメント

このブログの人気の投稿

飯綱リゾートスキー場で死亡事故、白馬岩岳スキー場で重体事故

栂池高原スキー場の雪崩死亡事故で引率者に有罪判決

2021-11-24 Sölden スノーボーダー(Marko Grilc)死亡事故

奥伊吹スキー場死亡事故、重過失致死傷罪でスノーボーダー起訴