投稿

12月, 2011の投稿を表示しています

ニセコHANAZONOリゾートでスノーボーダー死亡事故

概要
2011年12月29日午後2時半ごろ、

ニセコHANAZONOリゾートで、男性スノーボーダー(31)がゲレンデで倒れているのを、仲間が見つけて119番通報した。

男性は頭を強く打っており(頭蓋骨骨折?)、病院に搬送されたが、まもなく死亡が確認された。

倶知安署によると、伊藤さんはスキー場中腹のジャンプ台を飛んだあと、着地に失敗したとみられる。
スキー場によると、ジャンプ台は長さ約8メートル、高さ約1.5メートル。


ユートピアサイオトで少年スキーヤーがスキー板置き場にぶつかり意識不明となる事故

概要

2011年12月27日午後1時半過ぎ、ユートピアサイオトで、11歳の少年スキーヤーが頭を強く打ち意識不明となっている。
消防に「子供が倒れた」とスキー場の職員から通報があった。

少年はコース内のスキー板置き場のそばで発見された。
少年が倒れていた場所など周囲の状況から、スキー板置き場にぶつかり、頭を打ったのではないかとみられている。

ドクターヘリが駆けつけて応急処置をしたが、少年は頭蓋骨を陥没骨折しており意識不明。


富良野スキー場でスキーヤー同士が衝突し1人が死亡する事故

概要
2011年12月9日午前10時35分ごろ、富良野スキー場で、スキーツアーで来ていた65歳女性に、上から滑ってきた14歳男子中学生が衝突し、女性は胸を強く打って死亡した。中学生は肋骨を折る重傷。

現場は山の中腹の初級コース。

男子中学生はスキーメーカーが集めた約30人と練習していた。


[リコール]スノーボード用プロテクター RAIL PROTECTOR

株式会社ミッションインターナショナルが製造販売したスノーボード用プロテクター「RAIL PROTECTOR」の本体に使用した生地の強度不足が原因により、『下部の取付ベルトを装着する際、力が加わると本体生地が縫製部分よりはく離破損する』可能性があるとのことです。

RailProtectorに関するお知らせ