投稿

4月, 2008の投稿を表示しています

鳥海山で山スキーヤー死亡事故

日刊スポーツ鳥海山で山スキーの男性が転落死
28日午後2時40分ごろ、秋田県由利本荘市の鳥海山矢島口付近のクレバスで男性が死亡しているのを、山小屋の管理人(54)が見つけた。由利本荘署は所持品などから、山スキーに来ていた山形県天童市、会社員*さん(61)とみて身元の確認を急いでいる。
調べでは、クレバスは深さ約3~4メートルで山小屋から約300メートルの地点にある。*さんは昨夜、管理人に山小屋近くの駐車場に止めた車で寝ると話していたが、車内に見当たらなかったため管理人が捜していた。目立った外傷はなく、同署は誤って転落した可能性があるとみて調べている。
[2008年4月29日0時2分]

富士山でスキーヤー重傷事故

毎日新聞:事故:富士山9合目で、札幌の女性けが 転倒し、左足骨折 /山梨
27日午後2時20分ごろ、富士山9合目の山梨県側で、札幌市東区、看護師、Iさん(50)が転倒して左足を骨折し、県防災ヘリで韮崎市内の病院に搬送された。同日午後3時ごろにも、富士山8合目手前の同県側で、米国在住の大学教授、Sさんが身動きできない状態でいるのを下山中のパーティーが見つけ救助した。Sさんにけがはなかった。
富士吉田署の調べでは、Iさんは山岳ガイド2人とともに山スキーに行く予定だった。Sさんはアイゼンなど冬山登山の装備を持たず、一人で登山し、現場で動けなくなっていた。【田上昇】
毎日新聞 2008年4月28日 地方版

五竜岳で東大スキー山岳部の新井監督が死亡

読売新聞:山岳スキーヤーの新井裕己さん、北アで死亡…捜索ヘリ発見
28日午前8時10分ごろ、長野、富山県境の北アルプス五竜岳(2814メートル)山頂から約300メートル下の急斜面で、群馬県高崎市九蔵町、東大スキー山岳部監督新井裕己(ゆうき)さん(32)が倒れているのを、長野県警ヘリが発見した。新井さんは既に死亡していた。
同県警大町署の発表によると、山頂付近には、新井さんのものとみられるスキー板が刺さっていた。同署は山頂付近から滑落したとみている。
新井さんは山岳スキーをするため、23日から同県白馬村から1人で入山、24日に下山する予定だった。新井さんの知人が27日夕、「新井さんのブログが更新されてない」と、同村遭難対策協議会に連絡し、28日朝から県警が捜索していた。
新井さんは、鹿島槍ヶ岳北壁などの初滑降記録を持つ、日本を代表する山岳スキーヤー。ロッククライミングにも精通し、日本山岳協会選手強化委員を務めている。
(2008年4月28日11時22分 読売新聞)。

大日岳で山スキーの男性、一時不明

KNB NEWS 2008 年 04 月 27 日 20:53 現在:春山スキーの男性が行方不明
春山スキーをするために今朝から北アルプス・大日岳を登山していた男性が行方不明となっています。
行方不明となっているのは滋賀県大津市の会社員*さん(49)です。
上市警察署によりますと*さんは滋賀県大津市の登山仲間と2人で春山スキーに来ていて、今朝5時に馬場島を出発し、大日岳山頂を目指して登山していました。
2人は途中で別れましたが、午後5時になっても*さんが戻ってこないため仲間が馬場島の警備派出所に届け出ました。
その後、県消防防災ヘリコプターと山岳警備隊が登山道を中心に捜索しましたが*さんは見つからず、暗くなってきたためきょうは捜索をいったん打ち切りあす早朝から再開することにしています。

MSN産経 2008.4.28 09:03北アルプスで不明の男性を救助 富山県警
28日午前6時15分ごろ、富山県の北アルプス大日岳に登り行方が分からなくなっていた大津市南郷の会社員*さん(49)を、富山県警のヘリコプターが発見、救助した。*さんにけがはなかった。
上市署によると、*さんは登山道を外れ、標高約950メートルの川沿いを歩いているところを発見された。

立山のスキーヤー無事救助

KNB NEWS:北ア、スキーヤー2人を救助
北アルプス立山の湯川谷上流で道に迷って動けなくなり、救助を求めていた京都府のスキーヤーは24日午前、富山県警に救助されました。
救助を要請していたのは京都府舞鶴市の*さん(63)と同じく*さん(54)です。
2人は、春山スキーの為22日立山に入山しましたが立山カルデラからザラ峠へ上る湯川谷上流付近で道に迷って動けなくなり23日午後7時すぎ、*さんの妻を通して上市警察署に救助を要請しました。
警察によりますと、*さんは、24日午前6時頃、地鉄立山駅へ歩いて下山し、*さんは空腹と疲れで動けない為、24日午前9時頃に標高およそ1100メートル付近の立山砂防事務所水谷出張所の下側の沢からヘリコプターで引き上げて救助しました。
*さんは疲労しているものの、けがはないということです。
2人は登山暦30年近くのベテランでしたが日帰りの予定だった為、食料やテントを持っていなかったと言うことです。

立山で山スキーヤー遭難、救助要請

KNB NEWS:立山でスキーヤー2人が救助要請
北アルプス立山の湯川谷上流で京都府のスキーヤー2人が道に迷って動けなくなり、今夜、上市警察署に救助を要請しました。
県警では24日の夜明けと共にヘリコプターを出動させて救助にあたる予定です。
救助を要請したのはともに京都府舞鶴市在住*さん(63)と*さん(54)の2人です。
23日午後7時20分ごろ、*さんが携帯電話で「立山にスキーに出かけたが、道に迷って疲れて動けなくなった」と妻に連絡し、妻が上市警察署に救助を要請しました。
上市警察署によりますと2人は、立山カルデラからザラ峠へ上る谷筋で標高およそ1400~1500メートルの湯川谷上流付近にいると見られます。
2人は春山スキーを楽しむため22日に立山駅から入山し、日帰りの予定だったと見られます。
現在、2人にはけがはない模様ですが、食料やテントを持っていないということです。
県警本部では24日の夜明けと共にヘリコプターと地上から山岳警備隊を出動させ2人の救助にあたることにしています。

立山でスキーヤー転倒重傷事故

富山新聞:立山でスキーの男性転倒 けが
二十一日午後二時四十分ごろ、立山・雷鳥沢付近の標高二五〇〇メートル地点で、スキーをしていた静岡県焼津市石津中町、*さん(50)がバランスを崩して転倒 、富山市西長江二丁目の県立中央病院に運ばれたが、右膝じん帯損傷で重傷。
上市署の調べでは、*さんはスキーツアーの一行十人で別山乗越から雷鳥沢に向けて 滑っていた。

高校の部活動中にハンマー投げのハンマーが頭部直撃、意識不明の重体

MSN産経:部活中、投げたハンマーが男子高生を直撃し重体 東京・足立の都立高 2008.4.21 13:14
東京都立足立東高校(足立区、清水頭賢二校長)の校庭で19日午後、陸上部の3年生の男子生徒(17)の投げたハンマー(重さ約6キロ)が、約40メートル先にいた2年生の男子部員(16)の頭に当たる事故が起きたことが分かった。男性顧問教諭(54)が119番通報、生徒は病院に運ばれたが、頭蓋骨(ずがいこつ)骨折と脳挫傷で意識不明の重体。
当時、校庭には顧問教諭と陸上部の投擲(とうてき)部門の生徒4人がおり、教諭は被害生徒の近くにいた。被害生徒もハンマー投げの練習をしており、フェアグラウンド内にいたという。投げる生徒が「ハンマー行きます」と知らせる決まりだったが、教諭はこの声を確認できていないと話している。
3年生の男子生徒がハンマーを投げた直後、「危ない」という叫び声を聞いて教諭が振り向いた直後、被害生徒にハンマーが当たったという。同校と警視庁綾瀬署で事故の原因を調べている。
同校の小野寺一・副校長は「こういうことになって本当に申し訳ない。事故原因については調査中」と話している。

八甲田で山スキーヤー転倒重傷事故

毎日新聞:ニュース24時:青森・スキー女性が転倒し骨折 /青森
15日午後1時半ごろ、青森市の八甲田山系赤倉岳山頂で、スキーをしていた同市南佃、*さん(59)が木の根に足をひっかけて転倒し、右足骨折の重傷。現場は山頂から約300メートル南の箒場岱(ほうきばだい)コース。防災ヘリ「しらかみ」が救助した。(青森署調べ)
毎日新聞 2008年4月16日 地方版

鳥海高原矢島スキー場女児死亡事故裁判で原告・被告の双方が控訴

さきがけonTheWeb:由利本荘市と原告が控訴 矢島スキー事故訴訟
鳥海高原矢島スキー場で2003年1月、滑走中に事故で死亡した小学2年生の女児=当時(8つ)=の両親がスキー場を設置する由利本荘市(旧矢島町)に慰謝料など約3800万円の支払いを求めた訴訟で、同市は10日、市側に約1900万円の支払いを命じる秋田地裁判決を不服として仙台高裁秋田支部に控訴した。原告側も同日までに控訴した。
事故は03年1月21日午後8時半すぎ、スポ少の練習で滑走中だった女児が、コースを仕切るロープにぶつかり約3時間後に上部頸椎(けいつい)骨折によるショックで死亡した。
女児の両親は「被告は、夜間は視認困難なロープを設置し、安全配慮義務を怠った」と主張して市を提訴。先月28日の秋田地裁判決は、市と女児双方の過失を認めた。
(2008/04/11 09:13 更新)

平標山でスキーウェア姿の遺体発見

MSN産経:群馬の平標山に遺体 スキー登山で遭難男性か
12日午前8時半ごろ、群馬、新潟両県にまたがる平標山(1984メートル)の群馬県側の登山道で、あおむけで倒れている遺体を渓流釣りの男性会社員(48)が発見、110番通報した。
群馬県警沼田署によると、遺体はオレンジ色のスキーウエア、黒色のスキーズボン姿。川の中にひざまでつかり、岩にもたれかかっていた。残雪が多いという。
同署は、2月3日に平標山にスキー登山に行ったまま行方不明になっている新潟県長岡市の自営業の男性(50)の可能性もあるとみて調べている。同県警は強風のためヘリコプターによる遺体の収容を断念、天候の回復を待って再開する。

北アルプス爺ヶ岳で雪崩に巻き込まれた山スキーヤーが死亡する事故

朝日新聞:山スキーで雪崩、男性死亡 北アルプスの爺ケ岳
12日午後4時15分ごろ、長野県大町市平の北アルプス爺(じい)ケ岳(標高2670メートル)の南側斜面で「山スキーをしていて雪崩に巻き込まれた」と、110番通報があった。県警ヘリが約1時間後、東京都小平市小川西町*さん(36)を意識不明状態で収容して病院に運んだが、死亡が確認された。
大町署の調べでは、*さんは妻と友人の男性の計3人でこの日午後2時ごろに入山した。スキーで下山中の午後3時半ごろに雪崩に遭い、*さんが巻き込まれた。妻と友人の男性は免れた。一帯は山スキーの人気のコースという。
*さんの妻と友人は、ビーコン(発信器)の反応を手がかりに雪に埋まっていた*さんを見つけ、友人が携帯電話で通報した。

立山で山スキーヤー行方不明

読売新聞:立山に山スキー、富山の81歳男性が行方不明
13日午前2時15分ごろ、富山県の北アルプス・立山に山スキーに行った富山市向新庄、無職*さん(81)が、「夜になっても戻らない」と妻(78)から富山中央署に通報があった。
県警は同日午前7時から、県警ヘリと山岳警備隊員10人で捜索を始めた。
上市署の発表によると、富山地方鉄道立山駅の駐車場に西部さんの乗用車が駐車してあった。*さんは12日午前6時半ごろ、妻に「立山にスキーに行く」と話し、車で自宅を出ていた。
(2008年4月13日08時47分 読売新聞)

Whistler Blackcomb で行方不明だった日本人女性、遺体で発見される

asahi.com:カナダで不明の留学生、遺体で発見
2008年04月08日10時52分【ニューヨーク=真鍋弘樹】
カナダ西部ウィスラーのスキー場で先月から行方不明になっていた日本人留学生*さん(25)の遺体が現地で発見され、7日、日本からの家族が身元を確認した。在バンクーバー日本総領事館が明らかにした。
総領事館によると、*さんは、スノーボードを楽しむためにスキー場を訪れていたが、3月20日を最後に連絡が途絶え、地元警察が捜索していた。遺体はスキー場近くの山中で6日に発見され、近くでスノーボードも見つかったという。ゲレンデのコースから外れて遭難したものとみられている。*さんは語学留学のためにウィスラーに滞在していた。

志賀高原一の瀬ファミリースキー場で当て逃げ重傷事故

毎日新聞:ニュース24時:山ノ内町・スキー場で衝突、女性重傷 /長野
6日午前10時40分ごろ、山ノ内町平隠の一ノ瀬ファミリースキー場メーンゲレンデで、滋賀県守山市金森町、会社役員、*さん(60)が滑走中に何者かと衝突し転倒、長野市内の病院に収容されたが腰の骨を折る重傷。衝突したのは男とみられ、そのまま逃げた。過失傷害事件とみて調べている。(中野署調べ)事故を起こして逃げることは許されることではありません。
それはどちらに過失があるかなどの問題ではなく、道義的な問題です。

草津国際スキー場で転倒後意識不明だったスノーボーダーが死亡

毎日新聞:NEWSスポット:スノボ中に転倒、女性死亡 /群馬
草津町草津の草津国際スキー場で先月末、千葉県佐倉市中志津、*さん(25)がスノーボード中に転倒、6日未明、急性硬膜下血腫で死亡した。3月30日午後4時ごろ、仲間3人と中級コースを滑走中にバランスを崩して頭を強打し意識不明の重体になっていた。(長野原署)