投稿

2月, 2007の投稿を表示しています

岩手高原スノーパークでスノーボーダー死亡事故

プラス1いわて:スノーボードで転倒、男性死亡 (2007/02/14 12:35)
この男性は・・(略)・・上級中級者コースの高さおよそ4メートルのジャンプ台を飛んだ後着地に失敗し、頭を強く打って意識不明になりました。近くにいた別の客がスキー場に通報し、消防が病院に搬送しましたが、男性は頭の骨を折っていておよそ1時間半後に亡くなりました。男性はヘルメットをかぶっていませんでした。

舞子後楽園スキー場でスノーボーダー重体

nikkansports.com:スノーボードの女性が重体、頭部強打か
18日午後5時ごろ、新潟県南魚沼市舞子の舞子後楽園スキー場で、スノーボードをしていた東京都新宿区高田馬場、女性*(26)がゲレンデで倒れているのをスキー場の従業員が発見、消防に通報した。女性*は病院に運ばれたが、意識不明の重体。(*は原文では実名)

「銀色のシーズン」撮影用やぐら固定ワイヤーにリフト乗客が引っかかり負傷

YOMIURI ONLINE映画撮影用やぐらのワイヤーでスキー客3人軽傷…長野
17日午前8時15分ごろ、長野県白馬村の白馬八方尾根スキー場で、リフトに乗っていた福井県三方上中郡の男性公務員(40)が、近くに組まれた映画撮影用のやぐら(高さ約20メートル)を支える金属製ワイヤにスキー板を引っかけて約10メートル下のゲレンデに転落し、打撲で軽傷を負った。
やぐらから外れたワイヤが、乗り合わせていた川崎市の男性会社員(51)、娘の大学院生(23)に当たり、父娘とも軽傷。
同県警大町署では、業務上過失傷害の疑いもあるとみて、やぐらを組んだ地元の建設会社とリフトの運行会社から事情を聞いている。

埼玉県第10ブロック雪の祭典

イメージ
小海リエックススキー場にて、10-12日まで行われ、私も参加してまいりました。


表万座スキー場でスキーの小学生が立木に衝突、重体

MSN-Mainichi INTERACTIVE:衝突:スキーの小5、木に衝突重体--表万座スキー場/群馬
11日午前11時ごろ、嬬恋村干俣の「表万座スキー場」でスキーをしていた東京都板橋区の会社員*(51)の長男*(11)がコースから外れ、防護ネットを越えて立ち木に衝突した。*君は頭の骨を折るなどして意識不明の重体。長野原署が事故原因を調べている。(*は原文では実名)

スキー場の安全対策に関する講習会

(財)日本鋼索交通協会、(財)全日本スキー連盟、日本スノーボード協会主催の「第5回スキー場の安全対策に関する講習会」が1月30・31日に行われ、私も参加してきました。